2022年06月14日

52E0DD68-3AF6-4343-9D94-8F46E356F2E9
367EE684-9E94-4FCD-971B-E65D520A1FAC
699C8F58-A210-4DB5-943B-FFAA05C0C4C3
F9073804-A08C-4614-8801-2A80AC2874CC
4F215C18-5664-44E7-B48B-E12986E43E8F
82792299-D0B2-4A65-A6D3-9EC5B993E3B0

レザーサコッシュをヌメ革で。

えもいわれぬ雰囲気をまとったこのヌメ革、果たしてイメージ通りに育ってくれるかどうか。こればかりは試してみないとわからない。

というわけで、今回エイジングテストにご協力いただくのは、9月に展示をさせていただく LIFE IS A JOURNEY!さん。神戸・岡本にある素敵なお店です。

オーナーご夫婦が世界を旅して見つけた選りすぐりが並ぶ店内は、まさに隠れ家・秘密基地という言葉がぴったり。

おふたりがこれまたびっくりするほど気さくで、打ち合わせに行くたびついつい長居してしまいます。毎回いろんな発見とたくさんのパワーをもらえる、不思議な魅力の詰まったお店なのです。

このサコッシュもお二人のアドバイスを取り入れながら試行を重ね、ようやく今のカタチに辿り着きました。もはや共作といっても過言ではありません。

まずはこのサコッシュが良い感じに育つことを祈りつつ、日々少しずつ準備を進めていきたいと思います。今から展示が楽しみです。詳細はまたおいおいお伝えしていきますね。

*せっかくの機会なので着画もお店で撮らせていただきました。いつもありがとうございます。 


LIFE IS A JOURNEY!
https://life-is-a-journey.jp/ 

caboche ホームページ
https://www.caboche432.com/

2022年05月02日

IMG_9040
IMG_9041
IMG_9042
色は違うがどちらも同じレシピで仕上げられた革。個体差、そして使う部位でこれだけ表情が変わる。 

一般的には繊維がつまってしっかりしている方がいわゆる“良い革”とされる。一方、シボが大胆に入ったグレーの方は生きている間に激しく動かしていた部位。そのぶん繊維もゆるんでやわらかい。なので普通はあまり商品には使われない。でも、だからこそこの雰囲気がでる。だせる。

どちらも良い。どちらもあり。
そういうことだと思います。

あっちは良くて、こっちは良くない。
ではなく。

革質はもちろん大事。
だけど、そういった観点だけからモノをみるのはもういいかな、いったんそこから離れて眺めてみてもいいのかな、という気が最近しています。

頭で見るのではなく、
ちゃんと目でみる。心でみる。
大事なのは心が動くこと。
そしていただいた命をできる限り余すことなく使い切ること。

昨年から作り出したトコガワトレイもその一環です。

こんな、もや〜っとした考えをどうやったらうまく受注生産のプロセスの中でうまく表現できるか。お客さんの頭の中にあるイメージをいかに齟齬なく製品に昇華できるか。その先をイメージしてもらえるか。満足してもらえるか。

ここのところ、ずっとそんなことを考えています。


caboche ホームページ
https://www.caboche432.com/

 

2022年01月12日

IMG_8419

暗黒の引きこもり生活を5年。
原因不明の皮膚疾患によるものでした。

そこからなんとか社会復帰し今年で3年目。

復帰と時を同じくしてコロナが蔓延、と神様はなかなかすんなり行かせてくれないですが、昨年はたくさんの地元のイベントにも呼んでいただき、少しずつではありますが僕のことや手縫いの会のことを知ってくださる方が増えてきました。

生きる希望どころか生きる気力すら失いかけていたことを思うと、本当にありがたいことです。

今年はさらにもっと多くの方に革のことや帆布のこと、ものづくりの楽しさを知ってもらいたい。僕なりの伝え方で伝えたい。

なので、今年は動きます。
あれこれ考える前に動きます。

きのうの白浜はその始めの一歩。
僕にとってはとてつもなく大きな一歩。

白浜の海は寒かった。
でも心と体はポカポカでした。

「誰にでもものづくりはできる」
この思いがひとりでも多くの方に届きますように。


革小物手縫いの会
https://www.caboche432.com/lesson/


2021年12月12日

IMG_7927
IMG_7928
IMG_7929
この秋のイベントでは本当にたくさんの方にトコガワトレイをお買い上げいただきました。ありがとうございました!

今日は素上げタイプ(スエード調)をご購入くださった方にお知らせです。

使っていて、
〔啀だちや毛羽が落ちるのが気になる
汚れが気になる
Lなどでシミができてしまった

…という方。おられましたらお気軽にお声がけください。

ワックス仕上げを施すことで,呂曚棆魴茲靴泙后△鉢に関しては、汚れや油ジミ自体は取りのぞくことはできませんが、いわゆる「味」に転化できることが多いです。ワックス仕上げをすることで素上げの素朴な雰囲気はなくなりますが、試してみる価値ありです。

画像のトレイは油ジミがついてしまったとご相談を受け、後からワックス仕上げを施したもの。シミ込みで良い風合いになりました。むしろシミが良い雰囲気、表情を醸し出していると思います。

懐が深いというか、器が大きいというか。革ってやっぱり面白いです。ちなみに画像3枚目は手前が同色の素上げになります。同じものとは思えないですね。

別途代金とお時間を数日いただくことになりますが、「やってもらおうかな〜」という方は、ホームページのcontactもしくは caboche.leather☆gmail.com(☆を@に変えてください)からお気軽にご連絡ください。お待ちしております。

2022/1/5
今現在はワックス仕上げのみの販売となっております。



カボシェ
https://www.caboche432.com/


2021年12月07日

昨日の投稿でもお伝えしましたとおり、半年ぶりのオープンアトリエやります!
アポなしOKです🙆‍♂️


12/11(土) 13:30-17:00
    12(日) 9:30-12:00
※時間が変則的ですのでご注意ください。

場所/大阪市阿倍野区昭和町(大阪メトロ西田辺駅から徒歩5分)

今回はご予約なしでもお越しいただけます。
気にはなっているけどアポイントをとってまで、というのはなかなか…、という方にお越しいただけると嬉しいです。

ちょっと覗いてみようかなという方はcontact、もしくは caboche.leather☆gmail.com (☆を@に変えてください)からご連絡ください。場所を詳しくお伝えします。

日時をご予約してお越しいただける方は下記事項をお知らせください。

・お名前
・ご希望の日時
・携帯番号

もしご来店が重なった時は、ご予約の方を優先させていただく場合があります。なにぶん手狭なアトリエですのでご了承ください🙇‍♂️

-----------------------------------------------
あくまでも革教室のサンプルや帆布かばんを見ていただくこと、知ってもらうことが目的のオープンアトリエ。チラ見冷やかし大歓迎です。

ご要望があれば帆布かばんのオーダーは可能ですが、その他に販売できるものといったらトコガワトレイとピンバッジ、ティッシュケースに帆布のポーチくらいです。逆に何か買って帰りたいと言われると焦るくらい😅 なので安心して見に来てください。

当日はいつもどおり2台の換気扇をフル稼働、感染対策もしっかりとしてお待ちしております😊


『革小物手縫いの会』

https://www.caboche432.com/lesson/


2021年12月06日

今までずっとアトリエから外に出ることに腰がひけていました。病気に逃げていました(その辺りのことはカテゴリ: 闘病のことをご覧ください)。

が、
今年は3月のバウズさんでの初個展を皮切りになんと計4回!昨年のバイローカルまでは1回もイベントに参加したことがなかったことを思うと、自分でもびっくりです。

「もっと早く出店していれば良かった!」
これが率直な感想です。今までいったい何をしていたのか 笑
確かに準備や製作は毎回大変だし追い込まれる。でも、そのしんどさをはるかに上回るキラキラしたモノがそこにはありました。こんなに楽しいものだとは思いも寄りませんでした。

もちろんイベント出店者としては超初心者まる出しですが、
もう丸出し、まる見せでいいのかなあと。その瞬間瞬間で出せる精一杯を、包み隠すことなく見せていくしかない。今はそんな心持ちです。
この今の気持ちを絶やさないよう、これからの活動につなげていきたいと思います。

とはいえ、僕の本分はやはり初心者向けの革教室である 『革小物手縫いの会』です。ひとりでも多くの方に革の魅力やものづくりの楽しさをお伝えしていきたい!そう考えています。革ってホントに面白いんです!!もちろん帆布もね。

という訳で今週末、久々にオープンアトリエをします。今のところ土曜の午後を予定しています。場所は阿倍野区昭和町。また具体的な日時は改めてお知らせします。

ものづくりに興味のある方、カボシェの帆布かばんを実際に手に取ってみたいという方、ぜひ立ち寄っていただけると嬉しいです。


caboche
https://www.caboche432.com/


2021年11月12日

IMG_7586
IMG_7558
IMG_7534
IMG_7490
IMG_7525
IMG_7466

◾️トコガワトレイ
その名のとおり、床革(とこがわ)と呼ばれる素材を使ってつくりました。

革製品は通常、必要に応じて厚みを調整した革を何種類か組み合わせてつくられています。厚みは特殊な機械でスライスして調整します。これを“漉き”といいますが、その際にでる“製品としては使われない方”が床革です。

通常は芯材や内張り、試作用として使われるか、そうでなければ捨てられてしまう存在。そんな、普段日の目を見ない素材にそっと光をあててみました。

いわゆる一般的な“革”ではないかもしれない。
でも、この素材だからこそ。この素材にしか出せない素朴な雰囲気。存在感。そういったものを大事に大事にカタチにしました。顔つき、風合い、同じ物はひとつとしてありません。すべて1点ものです。


【お使いいただく前に】
素材本来の風合いを楽しんでいただくため、コーティング等の処理は一切行っていません。血筋やキズ、節のような浅い凹みなどが入った部位も個性ととらえ、そのまま使用しています。

経年変化の早い革を使用していますので、比較的短期間で色が変わっていきます。また、使うにつれ表面は毛羽立っていきます。摩擦により毛羽が落ちやすくなりますので、過度な力が加わらぬようご注意ください。

製作の工程上、鉄染みと呼ばれる小さな黒い点や圧のかかる箇所に黒ずみが入ることがあります。*カビではありません。

使い始めやお手入れの際は起毛革用の栄養・防水スプレーをお使いください。植物オイル由来、無色のものがおすすめです。

この他、ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。


◾️もとの素のまま、スエード調の素朴な風合いも捨てがたいですが、ワックス仕上げもおすすめです。ノーマルよりもハリとツヤが出てグッと深みが増します。毛羽が出ないのも良いところ。

ノーマル仕様でお買い上げいただいて、あとからワックス仕上げをすることも可能です(仕上げ剤を購入してご自分ですることもできます)。お気軽にご相談くださいね。


カボシェ レザープロダクツ
https://www.caboche432.com/



革小物 

2021年09月10日

地域のイベント『バイローカル』に初参加。3月にはご近所バウズさんで初の個展。8月にはヒコみづのジュエリーカレッジさんで特別ゼミ講師のお仕事。それらに向けた準備や製作。年明けに父が他界したこともあり、この10ヶ月は息をつく間もないくらい濃密な日々でした。

ずっとやりたかった初心者向けの革教室 “革小物手縫いの会”もスタートして1年半。少しずつ、でも着実にものづくりの輪が広がっていることを実感しています。

あえてあまりカタチを決め込まずに始めたこともあり、いまだに毎回が勝負、必死です。試されているという緊迫感がある意味心地よかったりします。


そのうえ自分以上のものを引き出してもらったり、やりたいことを再確認させてもらえたり。僕にとってはかけがえのないホーム、家みたいなものです。これからも、ひとりでも多くの方に革の魅力やものづくりの楽しさを全力でお伝えしていきたい。そう思っています。


一緒にものづくり、始めてみませんか?


アトリエ見学は随時受付中。
お気軽にお問い合わせください。


革小物手縫いの会
https://www.caboche432.com/lesson/


2021年09月05日

暑さもひと段落。
創作意欲がムクムクっと顔を出してきました。「このタイミングを逃しては!」と革のテストも兼ねて教室用サンプルを製作。

教室の革もバリエーションを増やしたくて、最近は革のことばっかり考えています。とにかく調べまくっては革屋さんに連絡をとってサンプルを送ってもらったり、ピンときた革があれば仕入れてみて実際に使ってみたり。

最近はお試し用にとA4やA3にカットした革、それも僕好みの魅力的な革をオンラインで手軽に購入できるところも増えました。むろん割高にはなりますがちょっと前までは考えられなかったこと。欲しい革を扱っている革屋さんがほぼ関東にあるので、実際に革を目で見て触れる機会が限られる大阪在住の僕にとっては嬉しい限りです。

ただ選択肢が増えたぶん悩むハメにもなるのですが、こんな嬉しい悩みなら大歓迎です。いい時代になったもんだ。笑

◎今月末に久々オープンアトリエを予定しています。日時など詳細はインスタなどでまたお知らせしますね。

caboche
https://www.caboche432.com/


雑感 

2021年08月07日

昨日、ヒコみづのさんでの夏期スキルアップゼミの講師のお仕事を無事終えることができました。

先生方が本当に素敵な方ばかりで、準備段階からとても丁寧に対応してくださり、おかげで万全の体制でゼミに臨むことができました。

とはいえ、初めての専門学校でのお仕事。しかも10数名を1人で教えるというのも初めて。さらに課題の製作を終えたあとは、めいめいが作りたいものを作る、という内容。

「はたして僕に務まるのだろうか」
「最後までみんな出席してくれるだろうか」
正直、不安でした。

でも、参加してくれた生徒さんみんな、これまた本当に素直で真面目で良い子ばかり。つたない僕の指導に真摯な姿勢で向き合ってくれました。

無我夢中、あっという間の5日間。
当初の不安もどこへやら。あまりに楽しすぎて、最後は達成感と寂しさがない混ぜになった何とも言えない感情がグッと込み上げてきて泣いてしまいそうになり(笑)、みんなに伝えたかったこともほとんど伝えられずじまいでした。

それだけが心残りで…

泣きながらでも、ちゃんと伝えきるべきだった。もっと感情を解放して素直に表現したらよかった。今回の僕の宿題です。

なので、ゼミの最後にみんなに話そうと思っていたことを書き連ねておこうと思います。いつか何かの拍子に生徒さんが見てくれることを願って。
.
.
.

みなさん、5日間本当におつかれさまでした。
初レザークラフト、どうでしたか?

僕はこの18年、ほぼ毎日革と向き合ってきました。ですが、いまだに新たな発見や気づきが沢山あります。知れば知るほどわからないことが増えていく。興味の尽きない、奥の深い世界です。

そんな奥深い世界のほんのさわり、ひとかけらだけでもお伝えすることができていたら幸いです。

そして、これからのみなさんにとって今回の経験が、何かしらの変化、何かしらのチャレンジのきっかけになれば、こんなに嬉しいことはありません。

「学ぶとは変化すること」
これは僕が常に心にとめている言葉です。

「学ぶとは変化すること」
何も難しく考えることはないんです。どんなことでもいいんです。大したことなくて全然いいんです。

ただ心の声に耳を澄まし、その声に忠実に、どん欲に愚直に学び続けてください。求め続けてください。

たった1度角度を変えるだけで、未来は大きく変えることができる。そう信じています。
お互い頑張りましょう。

そして、必ずまた、どこかでお会いしましょう!
その時を楽しみにしています。

みなさんと出会えて本当に良かったです。
最高の5日間でした。
本当にありがとうございました!
.
.
.
caboche
https://www.caboche432.com/

Profile

caboche

Archives