2020年02月22日

どうして手縫いの教室を?

IMG_1518
ミシンで縫うことを生業としているのに、どうして手縫いの教室を?

ものづくりをもっと自分(も含めたひとりひとり)のふところ近く、手のうちに引き寄せたいと思ったからです。ミシンに縛られることのない、あらゆる制約から自由なものづくりをしたいという気持ちが強くなってきたのです。

ミシンはとにかく便利だし正確だし、なにしろ早い。でも制約もある。構造上できないことも多い。1台あればオールOKというわけではない。自身の発想がミシンの限界に縛られることも結構あったりする。

加えて、常に僕の言うことを聞いてくれるわけではない。ヘソを曲げることもしばしば。そして突然壊れる。

長年、あたまの片隅に「ミシンが壊れたらどうしよう」「2階の水道管が破裂して階下にある工房の機械が水没してしまったらどうしよう」(←実際本当になりかけた)
「災害でミシンはおろか他の設備も使えなくなってしまったら…」
というぼんやりとした不安をかかえながら仕事をしてきました。今もそうです。独立当時お世話になったミシン屋さんもほとんどが廃業。何かあったときに頼れる所はどんどん減っていく。

「機械に頼ることを極力へらせば、そういった心配から少しは自由になれるのでは」と思うようになってきたのにはこのような事情がありました。
できるだけ余計なストレスや制約のないなかで創作し続けていきたいなあと。

翻って手縫い。
たしかに時間はかかる。手間もかかる。
でも、手縫いであれば、糸と針とわずかな道具さえあればなんとかなる。そして、いままさに自分はモノをつくっているんだ!ということをより強く体感することができる。それが僕にはとてもたくましく、輝いて見えるのです。なにかこう、可能性を感じるのです。

その魅力を革小物手縫いの会を一人でも多くの方と共有できたら。すべてはみなさんと一緒に少しずつ歩んでいけたらと思っています。

ひとまず場を作るための準備はしましたが、これからこの会がどんな方向に育っていくのか、当の本人にも全くわかりません。ガラッと変わる可能性もあります。とてつもなくスリリングです。笑

その辺りも踏まえた上で、それでもこのタイミングだからこそぜひ参加してみたい、と考えてくださる方からのご連絡、お待ちしています。


caboche ホームページ



Profile

caboche